HOME>クチコミ>事前に知っておこう!賃貸法人契約について押さえておきたい内容

事前に知っておこう!賃貸法人契約について押さえておきたい内容

女性

賃貸法人契約は個人で契約するのと違い、会社側で契約することとなるため個人で負担をする賃料などを軽減することができます。また、個人契約と違うため必要とする書類も違ってきます。事前に知っておくことで賃貸法人契約をスムーズに行うことができます。

みんなの声

企業側が提出すべき書類はいくつかあります

お部屋を借りるとき個人より、会社の名前で契約する方が支払う家賃が安くなります。それは家賃の一部を会社が払ってくれるので、全額自分で払う必要がないからです。私も転勤したときは会社の名前で借りて、かなり助かっていたのです。そしてこの会社名義でお部屋を借りることを賃貸法人契約というそうです。ただどの会社でも契約できるわけではありません。問題が多い会社では賃貸法人契約ができないことがあるようです。また住むだけならいいのですが、そこを会社のオフィスとして使用するのは断られる場合もあるみたいです。そして契約するときに個人が用意する書類は住民票の写しだけですが、会社側は様々な書類が必要となります。まず会社の概要書、次に法人税納税証明書、さらに法人の印鑑証明書や登記簿謄本などです。
[50代|女性]

賃貸物件についてのやり取りを不動産会社に一任できるのがいい

今の会社には社宅や寮というものがないので、自分で部屋を借りる必要があったのです。そして通勤に便利な会社に近い場所で借りたのですが賃貸法人契約にすれば、安くなると総務の人に言われたのでそうすることにしたのです。不動産屋回りするのも面倒だと感じていたのですが、総務が全部やってくれるということで助かったのです。ただ連帯保証人が要る場合もあるそうですが、幸い今の会社は歴史もあり規模も大きいので要らなかったです。そして審査も非常に早くて申し込んで、すぐに契約できたのでよかったです。正直総務課にすべて任せていたので自分がしたことは住民票の写しを提出したことぐらいです。賃貸法人契約にしたことで家賃が抑えられて助かっています。
[30代|男性]

広告募集中